簡単ダイエット成功法Top >  お悩みダイエットQ&A >  肥満児とリバウンドの関係

肥満児とリバウンドの関係

肥満児は大人になってもやせられないの?

肥満児は、やせられなくはないが、減量しにくくリバウンドしやすいのは本当。

贅肉のもとである中性脂肪は、脂肪細胞の中にあります。
「太る」ということは、脂肪細胞が縮小することで、数自体は変わらない。
でも、成長期の肥満は別。脂肪細胞の数が、2~3倍にもふえ、しかも一度増えた脂肪細胞は減らすことが不可能。
運動や食事で小さくしてやせることはできるけれど、スリムな体型をキープすることが大変。
小さくされた脂肪細胞は、せめて普通の大きさに戻りたい、と待ち望んでいるので、ちょっと油断しただけで、あっという間にふくらみます。
子供のときに太っていた人は、減量後も正しい食生活や運動に十分心掛けて。

お悩みダイエットQ&A

ダイエットにまつわる悩みについてQ&A形式で紹介します。

関連エントリー

食欲を抑える方法 夜中にお腹がすく ダイエット中に油もの 少食なのに太る 運動で激減したが翌日に元通り 飲み会の誘い お食事会でカロリーオーバー ダイエット中はイライラしがち ダイエットしたら生理不順に 体脂肪率が高い 冷え性は太りやすい? 肌がガサガサ やせる時はバストから… セルライトが消えない ダイエット中のイライラ解消方法 ダイエット中に甘いもの 食事の回数や時間 リバウンドはなぜ? 脂っこい物と甘い物を一緒に食べると 朝食と昼食を手抜きする 夕食は太りやすい? 肥満児とリバウンドの関係 太りやすい体質は遺伝?